幹事挨拶

   
      幹事あいさつ
        

2018〜2019年度
幸手ロータリークラブ
幹事 小松原 孔明

 

この度、奈良俊一会長のもと、幹事職という大変に大きく、また、責任の
重いお役目をお預かりすることになりました小松原孔明でございます。
幹事のポジションは、会長をサポートしながらクラブ運営全体を見渡す、いわば
扇の要にあたる司令塔のような存在に他なりません。事務局との密な連携は言う
までもなく、各委員会、地区事務所、他クラブとの折衝等につき、滞りが生じな
いよう縁の下の力持ちとして、常にスムーズな設営、運営を心掛けてまいります。
 入会6年目の若輩者でありまだまだ右往左往しながら、またプレッシャーと戦
いながらのロータリー活動ではありますが、幹事の心構え−「目配り・気配り・
心配り」−を、常に忘れることなく、最大限の努力をして参ります。経験不足に
よる至らぬ点も多々あり、お叱りを頂くこともあるかとは存じますが、有意義な
クラブ運営になりますよう努めて参る所存です。1年間という限られた時間では
ありますが、皆様のご支援ご協力をお願い申し上げ、年度開始の幹事の挨拶とさ
せて頂きます。
1年間、どうぞよろしくお願い申し上げます。