会長挨拶

   
      会長就任にあたって
        

2018〜2019年度
幸手ロータリークラブ
会 長 奈良 俊一

 
 RIテーマ     『インスピレーションになろう』

 
地区活動方針  『すべてはクラブ活性化のために
                   ―実り豊かな奉仕を目ざしてー』
 

 
クラブテーマ   『想いを紡いで絆へと』 


幸手ロータリークラブは、創立より半世紀を、そしてロータリークラブそのもの
は創立から1世紀をそれぞれ経ました。地域性や時代の変化のスピードこそ異なる
ものの、クラブ創立の本質たる「奉仕の精神」そのものは、時間の経過や時代の変
化があっても不変、かつ、忘れてはならない理念のはずです。
今年度のクラブ運営にあたっては、今一度、創始の精神に立ち返り各種の奉仕活動
を通じて地域に必要とされ、地域から親しみがもてる、そのようなクラブ運営を目
標として参ります。
 また、各種の奉仕活動を通じて、さらなる会員増強・拡大にも努めて参ります。
『数は力なり』ロータリークラブには会員の年齢制限はありません。今後の時代を
背負っていく若い世代、地に足を付けた責任世代、そして社会  経験を十分に積
んだレジェンドの名に相応しいベテラン世代、多様な世代が 地域社会を構成して
いる現実を踏まえて新しい仲間を迎え、平成から次の新 時代へ移り変わろうとす
る世の中に相応しいクラブとして組織を整え、地域 社会の国際理解・親善に努め
て参ります。
入会年度も浅く、運営に戸惑うことも多々あるかと存じます。先輩会員よりお知恵
とアドバイスを頂きながら、運営に努めて参ります。これから約1年、多大なご迷
惑をおかけしてしまいそうですが、皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。