第7グループ ガバナー補佐あいさつ

 

  第7グループ ガバナー補佐

 伊藤 敦彦(いとう あつひこ)

 幸手ロータリークラブ


 
 

 第7グループの皆様、2020-21年度第7グループガバナー補佐を拝命いたしました伊藤です。
大変重要な役割を私のような若輩者が務めさせて頂きますのは、誠に恐縮でございますが諸先輩の
皆様のご指導を仰ぎながら一年間取り組ませて頂きますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 本年は、日本にロータリークラブが誕生しましてから100年の年にあたります。この間の歴史は、
私から述べる事も無く、先人の皆様のご尽力により築かれてまいりました。
 多種に亘り数多くの奉仕活動や寄付活動は、地域のみならず、国際的な評価を頂いております。
また、人材におきましても数多くの学生の育成にも力を注いでまいりました。このような活動を継続
できましたのも会員の皆様の努力の成果と思います。しかし、過去20年間の会員数の増減は徐々に
減る傾向にあります。中でもこの10年間を見ますと40名の減と減少数は少ない様ですが、毎年新入
会員の皆さんが入会して頂いているからこその数字と思います。
 本年度中里ガバナーは、会員維持及び増強に力を注ぎたいと述べられております。地区運営方針
は、『新たな機会へのチャレンジで、クラブに活力を!』 です。活力は会員増強にあり、新たな機
会は事業の見直しにあると思います。機会の扉を開くのは、あなたです。
クラブの皆様と共にこの1年間を楽しみましょう。